道化と笏杖

ウィリアム・ウィルフォード 著 ; 高山宏 訳

"道化"論の決定版。中世の愚者文学、シェイクスピア劇から20世紀の映画まで、秩序と混沌の間に立つ"道化"の正体を解き明かす。山口昌男「道化と幻想絵画」他(単行本初収録)を併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 第1部 フールとそのショー(幻影としてのフール
  • フールの基本的特性
  • フールとミメーシス)
  • 第2部 愚行のパターン(フールの恒久性
  • 原始的・魔術的存在としてのフール
  • 秩序と混沌とフール
  • フールと「善」と「悪」
  • フール、境界、中心)
  • 第3部 フールと王国(王、英雄そしてフール
  • フールと女
  • 愚行の悲劇的次元-『ハムレット』
  • 愚行の喜劇的次元-バスター・キートンの『キートン将軍』
  • 至上者たるフール-『リア王』
  • 愚行共和国と聖なるフール)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道化と笏杖
著作者等 Willeford, William
高山 宏
ウィルフォード ウィリアム
書名ヨミ ドウケ ト シャクジョウ
書名別名 THE FOOL AND HIS SCEPTER
シリーズ名 高山宏セレクション〈異貌の人文学〉
出版元 白水社
刊行年月 2016.1
版表示 復刊
ページ数 544,15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08306-2
NCID BB20525176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22686738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想