昭和二十年  第2巻 (崩壊の兆し)

鳥居民 著

本シリーズは、公文書から私家版の記録、個人日記にいたる膨大な資料を駆使して、昭和二十年の一年間の日本を、時間の推移に従って描いた一大ノンフィクションである。第2巻は貞明皇太后の発意で始まった重臣上奏で、近衛がどのような終戦案を述べたか。名古屋発動機製作所の空襲と疎開、陸海軍の本土決戦のための最終兵器案、硫黄島、比島などの状況、大空襲後の羽田に来た重慶からの密使繆斌をめぐる工作など二月三月の状況。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第7章 近衛の上奏(二月十三日〜十四日)
  • 第8章 航空機工場の疎開(二月二十一日)
  • 第9章 雪の二月(二月二十二日〜二十六日)
  • 第10章 繆斌工作(三月十六日〜十九日)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和二十年
著作者等 鳥居 民
書名ヨミ ショウワ ニジュウネン
書名別名 Showa nijunen
シリーズ名 草思社文庫 と2-6
巻冊次 第2巻 (崩壊の兆し)
出版元 草思社
刊行年月 2014.12
ページ数 409p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7942-2097-4
NCID BB20472080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22501591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想