砂糖の歴史

アンドルー・F・スミス 著 ; 手嶋由美子 訳

紀元前のインドで誕生したものの、多くの人が口にするようになったのはこの数百年にすぎない砂糖。急速な普及の背景にある植民地政策や奴隷制度等の負の歴史もふまえ、人類を魅了してきた砂糖の歴史を描く。図版多数。レシピ付。料理とワインについての良書を選定するアンドレ・シモン賞特別賞を受賞した人気シリーズ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 サトウキビ
  • 第1章 砂糖の起源
  • 第2章 新世界の砂糖づくり
  • 第3章 世界に広がる砂糖
  • 第4章 砂糖の用途
  • 第5章 菓子とキャンディ
  • 第6章 砂糖天国アメリカ
  • 第7章 砂糖がもたらしたもの
  • 第8章 砂糖の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砂糖の歴史
著作者等 Smith, Andrew F
手嶋 由美子
スミス アンドルー・F.
書名ヨミ サトウ ノ レキシ
書名別名 Sugar

Sato no rekishi
シリーズ名 「食」の図書館
出版元 原書房
刊行年月 2016.1
ページ数 184p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-05175-5
NCID BB20462746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22699345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想