無差別テロ

金惠京 著

9・11同時多発テロ以降、ISのパリ同時多発テロにいたるまで、テロは身近に迫る危機となり、非人道性・無差別性があらわになってきている。テロの脅威は、東アジアや日本でも例外ではない。テロによる市民への暴行を止めるとしながら、人権や主権を侵害する傾向が強まり、暴力の連鎖が止まらない。無差別テロは世界をどう変えたのか、被害者への補償はどうあるべきなのか、国際社会はどう取り組めばいいのか。国際社会の半世紀にわたる努力を振りかえり、国際法学の立場からテロを定義し対策を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 テロの歴史的経緯("既存"が通用しないテロ
  • 一九八〇年代までのテロの系譜
  • 市民への無差別テロ横行の時代)
  • 第2章 被害者の目線から見たテロ(なぜテロの被害を補償する発想が生まれるのか?
  • 九・一一同時多発テロにおけるアメリカの対応
  • 日本のテロ被害者補償-地下鉄サリン事件とアルジェリア人質テロを事例に
  • テロ補償法制度の課題)
  • 第3章 九・一一同時多発テロが変えた世界(テロリストとの戦争の合法性
  • テロリスト殺害における違法性の是非
  • テロ対策とプライバシー侵害)
  • 第4章 テロに対抗する国際的協調体制(テロの方法に注目した対テロ条約
  • テロの手法に注目した対テロ条約
  • 国際テロ関連条約の課題と評価)
  • 第5章 テロの定義確立を目指す国際社会(解決に足をかけた国際テロ対応条約
  • 法の解決の重荷となるテロの定義
  • 無差別テロを規制するためのテロの定義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無差別テロ
著作者等 金 惠京
書名ヨミ ムサベツ テロ : コクサイ シャカイ ワ ドウ タイショ スレバ ヨイカ
書名別名 国際社会はどう対処すればよいか

Musabetsu tero
シリーズ名 岩波現代全書 082
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.1
ページ数 195,6p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029182-8
NCID BB20452152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22704275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想