現代思想と政治

市田良彦, 王寺賢太 編

フーコー、ドゥルーズ、アルチュセール、ラカン…現代思想たちは、政治をどう思考したか?そこで政治は、どのようなものとしてとらえられたか?そのとき思想はどんな意味で現代であるか?政治/哲学/資本主義/闘争/主体/精神分析/政治…拡散しつつ円環を形作る、18人による根底的な論究!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 政治/哲学(ドゥルーズ/ガタリにおける政治と哲学
  • マキァヴェッリとポスト六八年の政治的"構成"の諸問題
  • 「ルソー問題」から初期マルクスへ-疎外の論理をめぐって
  • モーリス・ブランショの「政治参加」(一九五八‐一九六八年)
  • ミシェル・フーコーの内戦論-市民社会戦争と歴史の真理ゲーム
  • 俗物に唾することさえなく-フーコー、シュトラウス、原理主義)
  • 第2部 資本/闘争(六八年のなにが政治思想を促したか
  • マルクス主義における再生産論的転回
  • 債権債務関係と商品交換-あるいは市場における権力の生成
  • オペライズモの光芒-トロンティの社会的工場論と"政治"
  • 情勢の下で思考する-アントニオ・ネグリと「六八年の哲学」
  • 流れと捕獲の普遍史のために-三位一体と常駐し脾睨する"一者")
  • 第3部 主体/精神分析(ヴァルター・ベンヤミン、暴力‐力と歴史哲学
  • 分裂分析と新たな主体性の生産-ガタリ『アンチ・オイディプス草稿』を読む
  • 矛盾は失効したのか-思考の政治的時効
  • 六八年のプシポリティーク-フランス精神分析運動の一場面についての史的考察
  • ラカンの六八年五月-精神分析の「政治の季節」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代思想と政治
著作者等 上尾 真道
上田 和彦
中山 昭彦
中村 勝己
京都大学人文科学研究所
佐藤 嘉幸
佐藤 淳二
佐藤 隆
小泉 義之
市田 良彦
布施 哲
広瀬 純
松本 潤一郎
沖 公祐
王寺 賢太
立木 康介
箱田 徹
長原 豊
長崎 浩
書名ヨミ ゲンダイ シソウ ト セイジ : シホン シュギ セイシン ブンセキ テツガク
書名別名 資本主義・精神分析・哲学
出版元 平凡社
刊行年月 2016.1
ページ数 621p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-582-70340-5
NCID BB20450918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22765399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想