一八九五-一九四五日本統治下の台湾

浅野和生 編著

日本が台湾統治を開始してから120年にあたる本年、日本統治下における台湾を再考!1895年の統治開始と1945年の統治終焉に着目し、この間の到治制度の変遷を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の台湾領有と憲法問題
  • 第2章 台湾領有をめぐる日本の反応
  • 第3章 日本統治下の台湾における地方行政制度の変遷
  • 第4章 戦前期台湾における地方選挙
  • 第5章 中華民国による台湾接収の経過
  • 第6章 安倍首相の「戦後七十年談話」と台湾

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一八九五-一九四五日本統治下の台湾
著作者等 浅野 和生
書名ヨミ センハッピャクキュウジュウゴ センキュウヒャクヨンジュウゴ ニホン トウチカ ノ タイワン : センゴ ナナジュウネン ノ シザ カラ
書名別名 戦後七十年の視座から
シリーズ名 日台関係研究会叢書 2
出版元 展転社
刊行年月 2015.12
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88656-424-5
NCID BB20450281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22686162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想