ポイント解説平成27年改正個人情報保護法

関啓一郎 著

[目次]

  • 個人情報の保護と利用のバランス
  • 個人情報保護法の制定時と今回の改正の経緯
  • 法目的等-改正のポイント1
  • 個人情報の定義(個人識別符号・要配慮個人情報等)-改正のポイント2
  • 個人情報等の利活用の推進(「匿名加工情報」、利用目的による制限の緩和)-改正のポイント3
  • 個人情報保護の強化(小規模事業者の特例廃止、個人データ消去の努力義務、オプトアウト規定の厳格化、確認及び記録作成義務、開示等の請求権)-改正のポイント4
  • 国際的なデータ流通への対応-改正のポイント5
  • 包括的な監督機関の創設-改正のポイント6
  • 民間団体による個人情報保護の推進-改正のポイント7
  • 刑罰等(データベース等提供罪の新設など)-改正のポイント8
  • 附則関係(3年毎の見直しなど)-改正のポイント9
  • 重要事項が委任される政令及び委員会規則
  • 補論:平成27年改正が公的部門(国の行政機関、地方公共団体、独立行政法人法)へ与える影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポイント解説平成27年改正個人情報保護法
著作者等 関 啓一郎
書名ヨミ ポイント カイセツ ヘイセイ ニジュウナナネン カイセイ コジン ジョウホウ ホゴホウ
書名別名 Pointo kaisetsu heisei nijunananen kaisei kojin joho hogoho
出版元 ぎょうせい
刊行年月 2015.12
ページ数 167,56p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-324-10103-2
NCID BB20448541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22679537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想