ルシアン・フロイドとの朝食

ジョーディ・グレッグ [著] ; 小山太一, 宮本朋子 訳

肖像画、というには剥き出しすぎる人間の姿を描きつづけたこの画家は、いったいなにに囚われていたのか?青年のとき一枚の絵に出くわして以来、フロイドを追いかけてきたイギリス人ジャーナリストが、本人との会話や彼を知る身近な人々(家族、友人、モデル、美術関係者…)への取材をもとにあらわす、初めて公刊されたルシアン・フロイド伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 朝食
  • ストーキング
  • 若き日々
  • 女性遍歴の始まり
  • オブセッション
  • ローナが違したもの
  • キャロライン
  • 絵の具
  • 愛人たち
  • ある娘の物語
  • 晩年の二人もモデル
  • ディーラーたち、そしてギャンブル
  • 子孫
  • フィナーレ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルシアン・フロイドとの朝食
著作者等 Greig, Geordie
宮本 朋子
小山 太一
グレッグ ジョーディ
書名ヨミ ルシアン フロイド トノ チョウショク : エガカレタ ジンセイ
書名別名 BREAKFAST WITH LUCIAN

描かれた人生
出版元 みすず書房
刊行年月 2016.1
ページ数 327,28p 図版12p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-622-07944-6
NCID BB2044461X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22699880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想