マルクス思想の核心

鈴木直 著

二十世紀に「死んだ」と言われたマルクス思想が注目されている。資本がすべてに優越する状況が、十九世紀と似てきているからだ。しかし富の分配や「格差」の是正は、本質的な問題ではない。それよりも、富とは何か、それはどのように生み出されるのか、どのような形で蓄積されるのかを探究したのがマルクスだった。賃金労働は生物としての人間の本質を損なう性質を持つとして資本主義の問題点を鋭く見抜いたマルクスの視点を踏まえ、国際資本が国家から個人までも翻弄する現状を打破するための条件を提示する。仕事に追われるすべての給与生活者、必読!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マルクスはいかに受容されてきたか-四つの断面
  • 第2章 現代資本主義の危機
  • 第3章 近代社会哲学の出発点
  • 第4章 自由主義批判と疎外論
  • 第5章 賃金労働の本質
  • 第6章 実体論から関係論へ
  • 第7章 現代社会理論の条件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス思想の核心
著作者等 鈴木 直
書名ヨミ マルクス シソウ ノ カクシン : ニジュウイッセイキ ノ シャカイ リロン ノ タメ ニ
書名別名 21世紀の社会理論のために
シリーズ名 NHKブックス 1237
出版元 NHK
刊行年月 2016.1
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091237-9
NCID BB20442374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22687343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想