警察捜査の正体

原田宏二 著

職質、検問、通信傍受、DNA、カメラ映像…警察が何でもできる時代が来た。元警察幹部「渾身の警告」

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 警察捜査と刑事訴訟法(刑事訴訟法「大改正」のポイント
  • 問題だらけの「デジタル捜査」「科学捜査」
  • 犯罪捜査と刑事訴訟法
  • グレーゾーン捜査の存在
  • 自白偏重捜査と取り調べの実態)
  • 第2部 警察組織の変容(日本警察のしくみ
  • 階級制度のひずみ、パワハラ不祥事
  • 安全・安心なまちづくりの正体
  • 警察の権限強化)
  • 第3部 市民のための犯罪捜査対応策(警察マスコミの罪
  • 冤罪はなぜ繰り返されるのか
  • 人質司法と弁護士の役割
  • 市民のためのガイドライン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 警察捜査の正体
著作者等 原田 宏二
書名ヨミ ケイサツ ソウサ ノ ショウタイ
書名別名 Keisatsu sosa no shotai
シリーズ名 講談社現代新書 2352
出版元 講談社
刊行年月 2016.1
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288352-8
NCID BB20429616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22694955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想