ユーロ危機とギリシャ反乱

田中素香 著

ギリシャを震源とするユーロ危機。二〇一〇年から金融パニックや危機が続発し、一時「ユーロ崩壊」論まで噴出した。危機の本当の原因は何か。なぜギリシャは国民投票を行ったのか。好景気で"独り勝ち"のドイツは何を考えているのか。そして今、ユーロはどこへ向かうのか-。ユーロ研究の第一人者が徹底的に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ユーロ危機の見取り図
  • 1章 ユーロ危機の展開と危機の「本質」
  • 2章 ユーロ制度の欠陥と「ユーロ崩壊」論
  • 3章 帝国型ユーロ制度への発展-「ユーロ2・0」へ
  • 4章 ポスト・ユーロ危機の断層線
  • 5章 ユーロ危機とギリシャ-財政緊縮政策から反乱へ
  • 終章 ユーロのゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユーロ危機とギリシャ反乱
著作者等 田中 素香
書名ヨミ ユーロ キキ ト ギリシャ ハンラン
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1586
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.1
ページ数 248,8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431586-5
NCID BB20426899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22705981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想