日本にとって沖縄とは何か

新崎盛暉 著

いま、日本政府は沖縄・辺野古に新たな巨大基地の建設を強行している。それは単なる基地建設の問題ではなく、戦後70年の日本、米国、そして沖縄の関係史の"到達点"として存在している。「構造的沖縄差別」を克服するために、どうすればよいのか-。沖縄現代史の第一人者が戦後の歩みを振り返り、本質を厳しく問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平和国家日本と軍事要塞沖縄(三位一体の占領政策-象徴天皇制・非武装国家日本・沖縄の米軍支配
  • サンフランシスコ体制の成立-「目下の同盟国」日本と「太平洋の要石」沖縄
  • 「島ぐるみ闘争」の時代-それは砂川闘争の時代でもあった)
  • 第2章 六〇年安保から沖縄返還へ(六〇年安保改定と沖縄-構造的沖縄差別の定着
  • 復帰・返還運動から沖縄闘争へ
  • 沖縄返還とは何であったか)
  • 第3章 一九九五年の民衆決起(沖縄返還後の変化と住民・市民運動
  • 一九九五年の民衆決起
  • 普天間、そして辺野古をめぐる動向)
  • 第4章 「オール沖縄」の形成(教科書検定問題の意味するもの
  • 政権交代・オスプレイ配備・埋立承認
  • 尖閣問題への視点-先島諸島の状況)
  • 第5章 沖縄、そして日本は何処へ(二〇一四年の高揚
  • 扇長県政と安倍政権の対峙
  • 日本にとって沖縄とは)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本にとって沖縄とは何か
著作者等 新崎 盛暉
書名ヨミ ニホン ニ トッテ オキナワ トワ ナニカ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1585
出版元 岩波書店
刊行年月 2016.1
ページ数 222,6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431585-8
NCID BB20426243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22691029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想