この国の冷たさの正体

和田秀樹 著

ネット私刑、いじめ、生活保護バッシング、テロ犠牲者に「国に迷惑をかけるな」-。なぜ日本人は、ここまで冷たくなったのか。個人、会社、国家、どの位相でもインチキな自己責任の論理が幅を利かせている日本。「自由」よりも強者の下で威張ることを好み、「平等」よりも水に落ちた犬をぶっ叩く。わたしたちを取り巻く病理を徹底解剖。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「国に迷惑をかけるな」の異常さ(誰かを蹴落とさないと自分が蹴落とされる社会
  • 新幹線放火事件のやるせなさ ほか)
  • 第2章 人の弱みを食い物にするやつら(社会不安を背景に拡大する依存症ビジネス
  • ネットゲームの依存性の怖さ ほか)
  • 第3章 何があっても自分を責めるな(自己関連づけを止める
  • 「かくあるべし」思考から脱却する ほか)
  • 第4章 自分の人生まで冷たくしないために(強い者になびくスクールカースト世代
  • 競争原理をなくすことで、個性を潰す日本の教育 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この国の冷たさの正体
著作者等 和田 秀樹
書名ヨミ コノ クニ ノ ツメタサ ノ ショウタイ : イチオク ソウジコ セキニン ジダイ オ イキヌク
書名別名 一億総「自己責任」時代を生き抜く

Kono kuni no tsumetasa no shotai
シリーズ名 朝日新書 548
出版元 朝日新聞
刊行年月 2016.1
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273648-2
NCID BB20425400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22699294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想