近代日本の医療と患者

新村拓 著

医療の歴史が内包する大きなジレンマ。医学・医療の進歩、人類の福祉の名のもとに被験者とされた学用患者は、いつ、どのようにして生まれ。教育研究体制のなかに位置づけられたのか。近代日本の医学教育および病院医療システムの構築過程をたどり、医療環境の変化を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 臨床医学と実験医学の統合(近代医学の成り立ちとその課題
  • 学用患者を研究「材料」から研究協力者に転化させる装置
  • 歴史にみる臨床重視の伝統と基礎医学研究の萌芽
  • 免責される医療過誤)
  • 第2章 近代医学教育体制の構築(解剖用屍体の確保
  • 系統解剖および病体(病理)解剖の実地演習
  • 全国的に高まった病体(病理)解剖の機運
  • 屍体の所有権)
  • 第3章 医学校と病院の再編(解剖用屍体の不足と経費減額に悩む医学校の統廃合
  • 娼妓・貸座敷業者への賦金と病院の開設
  • 私立病院増加の背景と世評
  • 往診医に支えられた大正・昭和初期の在村医療
  • 告知)
  • 第4章 求められる施療 拒否される施療(貧民への施療を押しつけ合う官公立病院と開業医
  • 行倒れ・乞食の救療と放逐にあたった巡査
  • 公立病院を施療病院化することの是非
  • 慈善事業から社会政策の時代へ
  • 明治の医師の職業倫理)
  • 第5章 学用患者の誕生(医学教育・研究「材料」として扱われた学用患者
  • 学用患者システムを変えた公害・薬害患者)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の医療と患者
著作者等 新村 拓
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ イリョウ ト カンジャ : ガクヨウ カンジャ ノ タンジョウ
書名別名 学用患者の誕生
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2016.1
ページ数 337,9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-31213-7
NCID BB20414798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22762415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想