古市古墳群の解明へ 盾塚・鞍塚・珠金塚古墳

田中晋作 著

大阪府南東部に広がる大古墳群である古市古墳群は、古墳時代中期の畿内政権を探究する鍵と目されている。おもな大型前方後円墳の調査が制限されている現在、三古墳をはじめこれまでの調査成果の分析が、古墳群全体の解明への糸口を与えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古市古墳群とは(古墳時代中期の大古墳群
  • 盾塚・鞍塚・珠金塚古墳の発掘)
  • 第2章 副葬品の特徴は武器(墳丘と埋葬施設
  • 盾塚古墳の副葬品
  • 鞍塚古墳の副葬品
  • 珠金塚古墳の副葬品
  • 再発掘された盾塚・鞍塚古墳)
  • 第3章 武器の変遷が物語るもの(古墳時代の武器研究
  • 三古墳にみる甲冑の発達
  • 古市古墳群の勢力が生み出した武器)
  • 第4章 古墳時代中期の探究(古市・百舌鳥古墳群という勢力
  • 武器に組み込まれた農工具
  • 三古墳それぞれの特異性と鏡の問題
  • 古市古墳群の変遷と三古墳)
  • 第5章 東アジアのなかの古市古墳群(朝鮮半島との軍事的関係
  • 朝鮮半島での大規模な軍事活動
  • 倭の五王と東アジア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古市古墳群の解明へ 盾塚・鞍塚・珠金塚古墳
著作者等 田中 晋作
書名ヨミ フルイチ コフングン ノ カイメイ エ タテズカ クラズカ シュキンズカ コフン
書名別名 Furuichi kofungun no kaimei e tatezuka kurazuka shukinzuka kofun
シリーズ名 シリーズ「遺跡を学ぶ」 105
出版元 新泉社
刊行年月 2016.2
ページ数 93p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7877-1535-7
NCID BB20399912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22681647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想