人は宇宙をどのように考えてきたか

Helge S.Kragh 著 ; 竹内努, 市來淨與, 松原隆彦 共訳

神話から哲学、そして宗教から科学へ。宇宙論が紆余曲折を経て科学となった歴史を描き出す!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0章 序章
  • 第1章 神話からコペルニクス的宇宙像へ
  • 第2章 ニュートン的宇宙像の時代
  • 第3章 現代宇宙論の成立
  • 第4章 高温ビッグバン理論
  • 第5章 新たな地平

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人は宇宙をどのように考えてきたか
著作者等 Kragh, Helge
市來 淨與
松原 隆彦
Kragh Helge S.
クラーウ ヘリェ
竹内 努
書名ヨミ ヒト ワ ウチュウ オ ドノヨウニ カンガエテ キタカ : シンワ カラ カソク ボウチョウ ウチュウ ニ イタル ウチュウロン ノ モノガタリ
書名別名 Conceptions of Cosmos

神話から加速膨張宇宙にいたる宇宙論の物語
出版元 共立
刊行年月 2015.12
ページ数 411p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-320-04728-0
NCID BB20398829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22691900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想