地底

デイビッド・ホワイトハウス 著 ; 江口あとか 訳

ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』から一五〇年。地球内部への旅は日々進んでいる。漢王朝時代の地震監視装置、ソ連時代に計画された超深度掘削坑プロジェクト、地球深部の圧力を再現する高圧発生装置の発明から、地震・津波観測の世界的ネットワークまで、天文学者でもある著者が新たな地底探査の旅へと漕ぎだし、最前線で活躍する研究者たちの最新知見を紹介しながら、地球内部の真の姿に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『地底旅行』への誘い
  • 地球の中心へ
  • 多様な地下世界
  • 地球内部の過去と未来
  • 四〇億年前の粒子
  • 深部からのメッセンジャー
  • テンハムの隕石
  • 広がる地震観測網
  • ウェゲナーの大陸移動説
  • コラ半島超深度掘削坑プロジェクト〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地底
著作者等 Whitehouse, David
江口 あとか
ホワイトハウス デイビッド
書名ヨミ チテイ : チキュウ シンブ タンキュウ ノ レキシ
書名別名 JOURNEY TO THE CENTRE OF THE EARTH

地球深部探求の歴史
出版元 築地書館
刊行年月 2016.1
ページ数 263p 図版16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8067-1505-4
NCID BB20377884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22688115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想