デザインの種

戸田ツトム, 鈴木一誌 著

眼と手の感覚、紙が連れてくる風景、かたちへの意識、色に潜む政治性などをめぐって浮かびあがる、デザインの過去・現在・未来-。たがいの批評精神が触発しあい、15年にわたって持続した対話の集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 未知と断念(い 心か魂か
  • ろ 100年前のデザイン ほか)
  • 2 生態と予兆(と 滲む環境
  • ち オンとオフのあわいに ほか)
  • 3 座標と重力(れ グリッドという不自由
  • そ 文字の伸長と縮減 ほか)
  • 4 画面と物質(け "小ささ"について
  • ふ 点と線の細部へ ほか)
  • 5 陰影と運動(め 記憶が余白を埋める
  • み 音と影の批評 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デザインの種
著作者等 戸田 ツトム
鈴木 一誌
書名ヨミ デザイン ノ タネ : イロハ ヨンジュウナナヘン カラ ナル タイワ
書名別名 いろは47篇からなる対話

Dezain no tane
出版元 大月書店
刊行年月 2015.12
ページ数 357p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-272-61233-8
NCID BB20365546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22686812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想