森崎和江

内田聖子 著

女のエロスと身体を凝視し、問いを生き続ける女性の実像!植民者二世として朝鮮に生を享け、戦後、炭坑の地下労働者に学び、性とエロスの意味を問いつつ、いつの日かわが原罪の地にたつ日本の女として生き直したいと願った詩人・森崎和江。フェミニズムといった借りもののことばではなく、生活に根ざした自前のことばで語りつづけたその軌跡を、共感をこめて描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 息災ですか
  • 第1章 からゆきさん
  • 第2章 ゆうひ 原郷
  • 第3章 蒼い海 冥き途
  • 第4章 精神の鉱脈
  • 第5章 豊満たる忘却
  • 第6章 はるかなるエロス
  • 終章 まばたきするほどの時間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森崎和江
著作者等 内田 聖子
書名ヨミ モリサキ カズエ
シリーズ名 言視舎評伝選
出版元 言視舎
刊行年月 2015.12
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86565-040-2
NCID BB2034601X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22682383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想