大人のためのメディア論講義

石田英敬 著

二四時間モバイル機器を手放せず、情報産業に囲い込まれた現代人の生活。人間が二足歩行へと進化した文字を持ちはじめた時から宿命づけられたこの現象は、二〇世紀に、二つのメディア革命を経て加速する。写真・電話・映画などの技術が人間の意識できない瞬間を記録し、広告・マーケティング技術が我々自身より先に消費・欲望を生み出し、デジタル機器が人間の生活全体を統治していく。人間は自分自身の意識をもう一度わが手に取り返すことはできるのか。そのために何ができるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 メディアと"心の装置"
  • 第2章 "テクノロジーの文字"と"技術的無意識"
  • 第3章 現代資本主義と文化産業
  • 第4章 メディアの"デジタル転回"
  • 第5章 「注意力の経済」と「精神のエコロジー」
  • 第6章 メディア再帰社会のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大人のためのメディア論講義
著作者等 石田 英敬
書名ヨミ オトナ ノ タメ ノ メディアロン コウギ
書名別名 Otona no tame no mediaron kogi
シリーズ名 ちくま新書 1167
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.1
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06871-2
NCID BB20333415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22733070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想