ものづくりの反撃

中沢孝夫, 藤本隆宏, 新宅純二郎 著

空前の円高、「世界の工場」中国の台頭、エレクトロニクス系産業の競争力低下-。30年ものあいだ、過酷なグローバル競争下にあった日本のものづくり。しかし、逆風のなかで必死にもがき、たゆまぬ鍛練の結果、いま、現場は圧倒的な強さを獲得した。「インダストリー4.0」「IoT」「AI」に代表されるドイツ型ものづくり論を批判的に検証し、さらなる拡大が予想される日本の製造業の潜在力を徹底的に考える。現場で思考を重ねてきた経済学者が、日本経済の夜明けを大いに語りあう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 反撃する製造業-30年間の苦闘を超えて
  • 第2章 ものづくり現場力の国際比較試論
  • 第3章 日本の現場は最強である-工場進化論
  • 第4章 インダストリー4.0という幻想-日本の競争優位の本質を読み解く
  • 第5章 大震災から甦る製造業-東北復興レポート
  • 第6章 設計の比較優位
  • 第7章 貿易立国・日本の針路-戦後経営史から未来を読む
  • あとがきにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ものづくりの反撃
著作者等 中沢 孝夫
新宅 純二郎
藤本 隆宏
書名ヨミ モノズクリ ノ ハンゲキ
書名別名 Monozukuri no hangeki
シリーズ名 ちくま新書 1166
出版元 筑摩書房
刊行年月 2016.1
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06874-3
NCID BB20333357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22735533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想