米軍が見た東京1945秋

佐藤洋一 文・構成

米軍は東京の何を見ていたのか?偵察、上陸、進駐-そのとき米軍はどこに視線を向けていたのか?激動の、そして都市としての記憶が抜け落ちた1945年の東京の姿を、米軍が記録・保存していた170点超の秘蔵写真とともに振り返る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 東京1945クロニクル(1/27 京橋区銀座
  • 2/27 東京東部 ほか)
  • 第2部 視線を追跡する-皇居、山手線、隅田川・荒川(皇居をめぐる
  • 山手線をめぐる ほか)
  • 第3部 終わりの風景、はじまりの兆し-10のエリア(浅草
  • 日本橋・京橋 ほか)
  • 第4部 消えた風景、消えた場所(なくなったもの
  • 偽装建築 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米軍が見た東京1945秋
著作者等 佐藤 洋一
書名ヨミ ベイグン ガ ミタ トウキョウ センキュウヒャクヨンジュウゴ アキ : オワリ ノ フウケイ ハジマリ ノ フウケイ
書名別名 終わりの風景、はじまりの風景
出版元 洋泉社
刊行年月 2015.12
ページ数 223p
大きさ 15×21cm
ISBN 978-4-8003-0809-2
NCID BB20291370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22678834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想