平成の家族と食

品田知美 編 ; 品田知美, 野田潤, 畠山洋輔 著

和食はどれくらい食べられているか?主婦はコンビニで食料を購入しているか?男性は台所へ入っているか?3・11前後で何が変わったのか?長期にわたって全国調査を行ってきた膨大なデータをもとに、平成の家族と食のリアルを徹底的に解明する。日本の家族は、どのように食べ、食卓に何を求めているのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 家族と食をめぐって
  • 基礎編 平成の食卓からみえる現実(和食はどれくらい食べられているか
  • 世代間の食卓メニューの違い
  • 一汁三菜はどのくらい作られているか
  • 食事時間の不規則化と回数
  • 主婦はコンビニで食料を購入しているか ほか)
  • 分析編 家族と食からみえる平成の社会(家族のコミュニケーションは食卓の充実からか
  • 食事を通した健康意識と社会的差異の変化
  • なぜ家族は共食できなくなったのか)
  • 終章 家族と食はどこへむかうのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平成の家族と食
著作者等 品田 知美
畠山 洋輔
野田 潤
書名ヨミ ヘイセイ ノ カゾク ト ショク
書名別名 Heisei no kazoku to shoku
シリーズ名 犀の教室Liberal Arts Lab
出版元 晶文社
刊行年月 2015.12
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7949-6822-7
NCID BB20254068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22686148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想