記号と機械

マウリツィオ・ラッツァラート 著 ; 杉村昌昭, 松田正貴 訳

たとえば福島第一原発事故や安保法反対デモのメディア報道。たとえばヘイトスピーチ。なぜひとはその「ことば」がおかしいとわかっていながら、「主観性の生産」に服従してしまうのか?あるいは住宅ローンや奨学金をはじめとする「負債」。あるいは日常生活はむろん自然までも支配し管理するネットやGPSによるコントロール社会に、なぜひとはこうまで隷従してしまうのか?そして、では、新自由主義下を生きる人間が、こうした隷属状態と訣別し、「平等」を実現するにはどうすればいいのか?前著『"借金人間"製造工場』によって日本でも話題になった社会学者/思想家が、ガタリ、ドゥルーズ、フーコー、バフチンらを援用しながら試みた、"反‐資本主義"の哲学的実践!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ロゴスか機械か
  • 第1章 生産と主観性の生産-社会的服従と機械状隷属とのあいだ
  • 第2章 主観性の生産といわゆる生産におけるシニフィアンの記号学と非シニフィアンの記号論
  • 第3章 複合的記号論
  • 第4章 対立と記号体系
  • 第5章 「社会のクズ」発言と行為遂行的なものにたいする批判
  • 第6章 主観性の生産における言説的なものと実在的なもの
  • 第7章 言表行為と政治学-民主主義をパラレルに読む フーコーとランシエール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記号と機械
著作者等 Lazzarato, M
Lazzarato, M.
杉村 昌昭
松田 正貴
Lazzarato Maurizio
ラッツァラート マウリツィオ
書名ヨミ キゴウ ト キカイ : ハン シホン シュギ シンロン
書名別名 Sings and Machines

反資本主義新論

Kigo to kikai
出版元 共和国
刊行年月 2015.12
ページ数 365p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-907986-14-8
NCID BB20236667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22675075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想