新興国市場戦略論

天野倫文, 新宅純二郎, 中川功一, 大木清弘 編

日米欧先進国特化モデルから多極化モデルへ。新興国市場での成功戦略とは?そのための組織体制・能力構築とは?日本企業の成長の方向性を展望する。好評既刊『ものづくりの国際経営戦略』の続編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論とフレームワーク(新興国市場戦略の諸観点と国際経営論-非連続な市場への適応と創造
  • 新興国市場戦略論-製品戦略と組織の転換)
  • 第2部 製品・サービス戦略(市場戦略再構築の重要性-プリンタ産業の事例
  • 日本企業の優位性の活用-日立製作所の白物家電の事例
  • 低価格モデルの投入と製品戦略の革新-ホンダ二輪事業のASEAN戦略の事例
  • 現地エンジニア主導の製品開発-デンソー・インドの事例
  • 産業財の製品開発戦略-DMG、森精機、安川電機の事例 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新興国市場戦略論
著作者等 中川 功一
大木 清弘
天野 倫文
新宅 純二郎
書名ヨミ シンコウコク シジョウ センリャクロン : カクダイ スル チュウカンソウ シジョウ エ ニホン キギョウ ノ シンセンリャク
書名別名 Emerging Market Strategy

Emerging Market Strategy : 拡大する中間層市場へ・日本企業の新戦略
シリーズ名 東京大学ものづくり経営研究シリーズ
出版元 有斐閣
刊行年月 2015.12
ページ数 430p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-16420-8
NCID BB20225740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22699334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想