意識と無意識のあいだ

マイケル・コーバリス 著 ; 鍛原多惠子 訳

脳は一瞬たりとも休まない。私たちの心は日中の半分はどこかをさまよっている。この「ぼんやり」した状態のとき、意識的にするのとは異なるしくみで脳が活性化し、膨大な記憶が整理され、創造性や共感力が育まれる。人間だけが持つこのユニークな脳と心のメカニズムを解き明かします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 さすらう脳、さまよう心
  • 第2章 記憶
  • 第3章 時間とメンタルタイムトラベル
  • 第4章 海馬-脳のなかのカバ
  • 第5章 他者の心を読む
  • 第6章 物語を語る
  • 第7章 眠りと夢-闇夜にひそむトラ
  • 第8章 幻覚
  • 第9章 さまよう心の創造性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意識と無意識のあいだ
著作者等 Corballis, Michael C
Corballis, Michael C.
鍛原 多惠子
コーバリス マイケル
書名ヨミ イシキ ト ムイシキ ノ アイダ : ボンヤリ シタ トキ ノウ デ オキテ イル コト
書名別名 THE WANDERING MIND

「ぼんやり」したとき脳で起きていること
シリーズ名 ブルーバックス B-1952
出版元 講談社
刊行年月 2015.12
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257952-0
NCID BB20225514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22689331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想