ヘミングウェイの愛したスペイン

今村楯夫 著

ヘミングウェイ研究の第一人者が闘牛書『午後の死』を片手に足跡をたどりスペインを巡る。闘牛場、ゴヤ、ミロ、大聖堂、レストランetc.同じ風景に見、思い、感じ、発見したもの。文学論・美術論・紀行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スペインに魅了されたヘミングウェイ
  • 国境を巡って-1923vs.1953
  • 闘牛の美学
  • 闘牛とゴヤの故郷-サラゴーサ〜フエンデトードス
  • 白い象のような山なみ-カセタス駅での出来事
  • 白いアスパラガス-アランフェス
  • 同時代の画家とヘミングウェイ
  • ミロの故郷への旅-モンロッチ
  • 世界で一番おいしいレストラン-マドリッド1
  • 「世界の首都」のレストラン-マドリッド2
  • エル・グレコの世界-トレド
  • ゴヤの霊廟-マドリッド3

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘミングウェイの愛したスペイン
著作者等 今村 楯夫
書名ヨミ ヘミングウェイ ノ アイシタ スペイン
出版元 風濤社
刊行年月 2015.11
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89219-406-1
NCID BB20220350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22666310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想