力学入門

長谷川律雄 著

20世紀後半、宇宙開発が進むにつれ、回転運動や姿勢制御に関する力学の理論は長足の進歩を遂げた。この回転運動と中学・高校で学ぶ並進運動(直線運動)を組み合わせると、すべての物体の運動が説明できる。ロボット制御など、日常生活を支える技術にも役立てられているのだ。本書は、日本初の人工衛星「おおすみ」から「はやぶさ」まで、ロケットの姿勢制御に関わったエンジニアによる宇宙開発と新しい力学の入門書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ニュートンとオイラー(ガリレオから宇宙開発まで
  • 力学における運動
  • 測るということ)
  • 第2章 ロケットはなぜ飛ぶか(運動の法則
  • 位置を測る)
  • 第3章 ロケットの速度はどうして測るか(万有引力
  • 速度を測る
  • 遠心力とコリオリの力)
  • 第4章 フーコー振子は回転しないか(北の方向と北極星の方向
  • 航空機の姿勢と宇宙船の姿勢
  • 角速度ゼロでも回転する
  • 腕を回す)
  • 第5章 コマは押した方向には動かない(コマの回転
  • 姿勢を測る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 力学入門
著作者等 長谷川 律雄
書名ヨミ リキガク ニュウモン : コマ カラ ウチュウセン ノ シセイ セイギョ マデ
書名別名 コマから宇宙船の姿勢制御まで

Rikigaku nyumon
シリーズ名 中公新書 2354
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.12
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102354-4
NCID BB20218268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22675925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想