蘇我氏

倉本一宏 著

蝦夷・入鹿父子は六四五年の乙巳の変で討たれたが、蘇我氏は滅亡せず、以後も国家権力の中枢に位置した-。稲目を始祖とした馬子、蝦夷、入鹿の四代はいかに頭角を現し、大臣として国制改革を推し進めたのか。大化改新後、氏上となった倉麻呂系は壬申の乱へとつづく激変の時代をどう生き延びたのか。六世紀初頭の成立から天皇家を凌駕する権勢を誇った時代、さらに平安末期までを描き、旧来の蘇我氏イメージを一新する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 蘇我氏の成立と稲目
  • 第2章 大王推古と厩戸王子と島大臣馬子
  • 第3章 豊浦大臣蝦夷・林太郎入鹿と乙巳の変
  • 第4章 大化改新から壬申の乱へ
  • 第5章 律令官人石川氏と皇位継承
  • 第6章 ソガ氏への復帰
  • 第7章 摂関期における生き残り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蘇我氏
著作者等 倉本 一宏
書名ヨミ ソガ シ : コダイ ゴウゾク ノ コウボウ
書名別名 古代豪族の興亡

Soga shi
シリーズ名 中公新書 2353
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.12
ページ数 272p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102353-7
NCID BB20217844
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22675930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想