酒と戦後派

埴谷雄高 [著]

"酒乱"の代表・石川淳、"犯罪者の顔"をもつ椎名麟三、"不敵なダブル・スパイ"花田清輝、"異種精神族"澁澤龍彦、"純粋芸術家"福永武彦、"全身小説家"井上光晴、"犬の哲学者"安岡章太郎、"現代の六無斎"小田実、"毒舌な公正者"大岡昇平、"異常感覚の持ち主"島尾敏雄、"頭の回転が滅法速い"荒正人・武田泰淳・三島由紀夫…温かな眼差しとユーモア、類稀な描写力で綴る、作家の素顔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 異常児荒正人
  • 平野謙
  • 本多秋五
  • 強い芯を備えた隠者-山室静
  • 沈着者・小田切秀雄
  • 佐々木基一の幅広さ-『昭和文学交遊記』
  • 詩人の或る時期
  • 戦後の畸人達(抄)
  • 初期の石川淳
  • 安吾と雄高警部〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒と戦後派
著作者等 埴谷 雄高
書名ヨミ サケ ト センゴハ : ジンブツ ズイソウシュウ
書名別名 人物随想集
シリーズ名 講談社文芸文庫 はJ8
出版元 講談社
刊行年月 2015.12
ページ数 428p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290292-2
NCID BB20213435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22671536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想