新しい計量経済学

鹿野繁樹 著

経済データをはじめとする「非実験データ」から「因果関係」を見極める分析手法を学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 イントロダクション(計量経済学とは何か?
  • 確率論:確率変数と確率分布
  • 統計的推測)
  • 第2部 古典的仮定の下での回帰分析(OLS回帰
  • 古典的回帰モデル
  • 重回帰分析
  • 回帰モデルを工夫する
  • 線形制約の仮説検定)
  • 第3部 新しい回帰分析(漸近理論の基礎
  • 回帰分析の再構築
  • 標準誤差と検定の頑健化
  • 内生性と操作変数法
  • IV推定:応用編)
  • 第4部 より進んだ分析のために(最尤法
  • プロビットとトービット
  • パネルデータ分析入門
  • 実証分析に関する情報)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい計量経済学
著作者等 鹿野 繁樹
書名ヨミ アタラシイ ケイリョウ ケイザイガク : データ デ インガ カンケイ ニ セマル
書名別名 データで因果関係に迫る

Atarashi keiryo keizaigaku
出版元 日本評論社
刊行年月 2015.12
ページ数 310p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-55771-0
NCID BB2021267X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22690097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想