越境者たちのユーラシア

山根聡, 長縄宣博 編著

周縁の人々にとって国の輪郭とは。マイノリティ、モビリティ、ディアスポラ、ネットワーク…中・印・露など地域大国の狭間に移ろう人々の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国家の輪郭と越境
  • 第1部 越境と回帰(地域大国に生きるムスリム-近代化に揺れる新興知識層
  • イスラーム大国としてのロシア-メッカ巡礼に見る国家権力とムスリムの相互関係)
  • 第2部 周縁からの戦略(周縁から見るイランの輪郭形成と越境-あるクルド系名家の軌跡
  • 2つの帝国とアルメニア人-民族運動に及ぼす地域大国の磁場)
  • 第3部 地域大国を語る(「帰還民」へのまなざし-カザフスタンの在外カザフ人呼び寄せ政策と現地社会
  • 口承史に映る国の輪郭-新疆ウールド地域における人・地・病
  • 輪郭を描き出す-英国南アジア系移民文学に見るインドの姿)
  • 地域大国と向き合う個人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境者たちのユーラシア
著作者等 吉村 貴之
小松 久恵
山口 昭彦
山根 聡
岡 奈津子
新吉楽図
長縄 宣博
書名ヨミ エッキョウシャタチ ノ ユーラシア
シリーズ名 シリーズ・ユーラシア地域大国論 5
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2015.12
ページ数 233p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07453-2
NCID BB20212658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22690006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想