大政翼賛会への道

伊藤隆 [著]

すべての国家機関がひとつの党の指導下におかれ、その最高指導者は天皇に対する唯一の輔弼者となるという構想のもと展開した新体制運動。推進者の多くが、打倒すべきは財閥を中心にして、その政治的代弁者である既成政党、旧官僚、軍官僚、宮廷官僚という共通認識をもっていた。しかし、憲法違反の批判や旧体制派の抵抗で大政翼賛会は政府の運動組織に改組される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近衛新党運動"昭和一三年"(さまざまな「復古‐革新」派
  • 軍部の中の動き
  • 社会大衆党の「復古‐革新」派化
  • 実現しなかった近衛新党計画)
  • 第2部 近衛新体制運動の展開"昭和一五年"(近衛新党に対するさまざまな期待
  • 動き出した新体制運動
  • 大政翼賛会の発足
  • 大政翼賛運動の落日
  • 新体制運動とは何であったのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大政翼賛会への道
著作者等 伊藤 隆
書名ヨミ タイセイ ヨクサンカイ エノ ミチ : コノエ シンタイセイ
書名別名 近衛新体制
シリーズ名 講談社学術文庫 2340
出版元 講談社
刊行年月 2015.12
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292340-8
NCID BB20212374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22670998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想