入門・医療倫理  3

赤林 朗;児玉 聡【編】

公衆衛生活動や政策が固有に持つ倫理的・思想的諸問題を明確に示す。疾病予防と健康増進を目指す医療政策を議論する枠組みとは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(公衆衛生倫理学とは何か
  • 公衆衛生の歴史:欧米
  • 公衆衛生の歴史:日本(1)概論
  • 公衆衛生の歴史:日本(2)主な関連法規
  • 公衆衛生活動と法)
  • 2 政治哲学的基礎(公衆衛生政策の政治哲学的基礎
  • 政治哲学の諸理論)
  • 3 各論(感染症対策
  • 疫学研究の倫理
  • 健康増進
  • 健康格差
  • 災害時における公衆衛生倫理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門・医療倫理
著作者等 児玉 聡
前田 正一
島内 明文
林 芳紀
田代 志門
赤林 朗
額賀 淑郎
井上 まり子
松井 健志
井上 悠輔
書名ヨミ ニュウモン イリョウ リンリ
書名別名 公衆衛生倫理
巻冊次 3
出版元 勁草書房
刊行年月 2015.11
ページ数 321p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-326-10250-1
NCID BB20204966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22665678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
公衆衛生倫理 児玉聡, 赤林朗
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想