心はすべて数学である

津田一郎 著

ゲーデルの不完全性定理、無限との格闘、超越的なカオスの存在…。心とは何かを解明するヒントは「不可能問題」へのアプローチにある。解を導くのが不可能な問題を前に、科学はどのように立ち向かったか。古今東西の数学者たちの試みに触れながら、脳科学だけでは解明できない心の謎に、数学的思考で挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数学は心である
  • 第2章 心が脳を表現する
  • 第3章 複雑系としての脳
  • 第4章 カオスの超越性と心
  • 第5章 心は数式で書けるのか
  • 第6章 記憶と時間と推論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心はすべて数学である
著作者等 津田 一郎
書名ヨミ ココロ ワ スベテ スウガク デ アル
書名別名 Kokoro wa subete sugaku de aru
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.12
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-390379-8
NCID BB20201709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22678564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想