日本の歴史  13

山本博文 監修

自由民権運動の高まりのなか、政府は大日本帝国憲法を発布し帝国議会を開設します。日本は、アジアで初めての立憲制国家になったのです。日本は、朝鮮への進出をはかり、それを阻止しようとした清と日清戦争を戦って勝利しました。朝鮮へ進出した日本は、ロシアと対立することになり、イギリスの支持のもと日露戦争を戦い、激戦の末に勝利しました。こうして日本は、列強と肩を並べる国になりました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由民権運動と近代国家(自由民権運動の高まり
  • 大日本帝国憲法、発布
  • 帝国議会の開設
  • 目ざせ、不平等条約改正)
  • 第2章 日清戦争と産業の発展(朝鮮の内乱-甲午農民戦争
  • 日清戦争と三国干渉
  • 繊維産業の発達と女工たち
  • 重工業の発達と公害問題)
  • 第3章 日露戦争と国際関係の変化(列強のアジア進出
  • 日露戦争
  • ポーツマス条約会議
  • 韓国併合)
  • 第4章 近代化する日本文化と社会(資本主義の発展
  • 北里柴三郎と野口英世
  • 新しい文学
  • 明治の美術と音楽)
  • もーっと歴史が分かる!わくわく特別授業(調べて納得「日本海海戦」
  • ここに注目「服装の歴史(女性編)」
  • おしえて!先生(Q&A)・年表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の歴史
著作者等 山本 博文
水面 かえる
書名ヨミ ニホン ノ レキシ
書名別名 近代国家への道 : 明治時代後期

Nihon no rekishi
シリーズ名 角川まんが学習シリーズ
巻冊次 13
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.6
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-101506-3
NCID BB2015410X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22616422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
近代国家への道 : 明治時代後期 水面かえる
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想