危険ドラッグ対応ハンドブック

日本精神科救急学会 監修 ; 成瀬暢也, 松本俊彦 編集

[目次]

  • 1 危険ドラッグとは何か-その歴史、現状と疫学、そして課題
  • 2 海外における危険ドラッグの現状と対策
  • 3 危険ドラッグの薬理学的特徴と有害性-動物実験に基づく知見
  • 4 一般救急医療機関における危険ドラッグ関連障害患者の臨床的特徴
  • 5 危険ドラッグ関連死から見えてくる有害性・問題点
  • 6 精神科医療機関における危険ドラッグ関連障害患者の臨床的特徴
  • 7 危険ドラッグ誘発性中毒性精神障害の治療-精神病性障害の特徴と治療、依存治療に対する動機づけ、介入
  • 8 危険ドラッグ依存に対する治療-重症度、動機づけの程度、併存障害の有無に基づく対応の違い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危険ドラッグ対応ハンドブック
著作者等 成瀬 暢也
日本精神科救急学会
松本 俊彦
書名ヨミ キケン ドラッグ タイオウ ハンドブック : セイシンカ キュウキュウ イリョウ ガイドライン ツイホバン
書名別名 精神科救急医療ガイドライン追補版
出版元 へるす
刊行年月 2015.10
ページ数 76p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89269-875-0
NCID BB20153672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22756167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想