〈ここまでわかった〉戦国時代の天皇と公家衆たち

日本史史料研究会 監修 ; 神田裕理 編

乱世といわれる時代であっても、当時の武家・寺院社会にとって、社会の秩序を維持する名分(根拠・立場)として朝廷は重要な役目を維持していた。室町幕府や天下人たちも、その機能を守るために積極的に行動していた。謎に包まれていた朝廷勢力の実像を13のテーマで解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 必死に天皇を守る公家衆たち(儀式や政務にこだわり時間を支配した天皇(即位式・改元・大嘗祭)
  • 禁裏で天皇を警護する公家たち(家門の維持・幕府との分担)
  • 公家の女性が支える天皇の血脈維持-後宮女房の役割
  • 世俗権力に左右される門跡寺院-門主は天皇家・公家・武家の子弟)
  • 第2部 家門・一族の存続をはかる公家たちの知恵(公家の生活基盤を支えていたものは何か(荘園経営と公家の家僕)
  • 武家も重宝した公家の「家業」とは?(装束の家・和歌の家))
  • 第3部 武家とともに時代を動かした天皇・公家(将軍家と天皇家の二つの主人をもつ公家衆がいた(室町幕府と公家衆の関係)
  • 朝廷官位を利用しなかった信長、利用した秀吉(天下人の政治支配)
  • 豊臣時代からじょじょに朝廷に食い込む家康-近世朝廷・公家再生への道)
  • 第4部 「戦国領主」化した貴族たちの戦い(摂関家の当主自らが土佐国に下向する(土佐一条氏)
  • 中流公家が国司となって飛騨に土着したが…(飛騨姉小路氏)
  • 幕府から武力を期待された公家衆-伊勢北畠氏
  • 最北の地に栄えた"南朝北畠系"の堂上公家-奥州浪岡氏)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈ここまでわかった〉戦国時代の天皇と公家衆たち
著作者等 日本史史料研究会
神田 裕理
書名ヨミ ココマデ ワカッタ センゴク ジダイ ノ テンノウ ト クゲシュウタチ : テンノウ セイド ワ ソンボウ ノ キキ ダッタ ノカ
書名別名 天皇制度は存亡の危機だったのか?
シリーズ名 歴史新書y 057
出版元 洋泉社
刊行年月 2015.12
ページ数 285p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8003-0812-2
NCID BB20153479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22678236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想