原子爆彈テロ概言

森川方達 著

人類史上初めて書かれた原爆体験記は、一九四五年八月三〇日に発表された大田洋子の「海底のやうな光-原子爆弾の空襲に遭って(廣島にて)」だった。その後、GHQによって被爆記録は発表が禁止され、その核の脅威隠しがフクシマの悲劇に繋がる。顧みられない「原爆資料文献」1049タイトルを俯瞰し、原爆の教訓を生かそうとする渾身の労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 こころなき日米合作"核の傘"安全保障神話
  • 第1章 原爆テロが消した軍都廣島
  • 第2章 無慾顔貌を黙殺した"ヒロシマの凄惨"隠し
  • 第3章 生き地獄ヒロシマの原風景
  • 第4章 背中のケロイドが語る-原爆一號と呼ばれた語り部の叙事詩
  • 第5章 記憶を呼び覚ます情景-旧懐の日本一うまい肉うどん
  • 第6章 明治親政に起因する戰前・戰中・戰後を縦走する
  • 第7章 原子野に立ち込める死臭と空白の記憶
  • 第8章 ファーレル声明に始まる血球破壊の闇
  • 終章 原爆(後傷害)隠しに始まる戰後史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子爆彈テロ概言
著作者等 森川 方達
書名ヨミ ゲンシ バクダン テロ ガイゲン : ユウモン ノ ハンカク ブンガクシャ センゲン カラ ナナジュウネン
書名別名 憂悶の反核文学者宣言から七〇年
出版元 現代書館
刊行年月 2015.11
ページ数 558p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-5773-3
NCID BB20153311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22668603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想