美学への手引き

カロル・タロン=ユゴン 著 ; 上村博 訳

哲学の一分野としての美学がどのように成立したのか、その前史から近代に至るまでをたどる一方、二十世紀以降の新しい芸術情況やアクチュアルな課題への対処など、美学の可能性についても言及。「美学」という学問の担ってきた意味、そいて今後担うべき意味について重要な考察の土台を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 美学前史(美の形而上学
  • 芸術についての省察
  • 美学以前の美学的省察)
  • 第2章 美学の誕生(新しい知
  • 趣味の批判としての美学
  • 美学の命名-バウムガルテン
  • カントの契機)
  • 第3章 芸術についての哲学的諸理論(芸術の言説としての美学
  • 芸術についての言説としての美学
  • 哲学者としての芸術家と芸術家としての哲学者
  • 結論-芸術と哲学)
  • 第4章 二十世紀の芸術的挑戦に対する美学(芸術の脱定義
  • フランクフルト学派
  • 現象学的美学
  • 分析美学)
  • 結論 きたるべき美学(美学へのさまざまな反論
  • 以上の反論への回答
  • アイステーシス(感性)に再び向かう美学
  • 考えるべき新しい対象)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美学への手引き
著作者等 Talon-Hugon, Carole
上村 博
Talon‐Hugon Carole
タロン=ユゴン カロル
書名ヨミ ビガク エノ テビキ
書名別名 L'esthétique

Bigaku eno tebiki
シリーズ名 文庫クセジュ 1002
出版元 白水社
刊行年月 2015.12
ページ数 151,11p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-51002-5
NCID BB20098574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22676201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想