備前岡山の在村医 中島家の歴史

中島医家資料館・中島文書研究会【編著】

本書は、江戸中期より続く在村医家に残る貴重な書籍・古文書・器物類の解読・分析を通して、当家歴代の生涯、研究論文9篇、史料翻刻5篇、蔵書目録および年表を収録。中島家の医業の歩みに光を当てる一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 中島家の歴史(中島姓の由来
  • 中島多四郎友行
  • 中島友三(医門第一世)
  • 中島玄古(医門第二世)
  • 中島宗仙(医門第三世) ほか)
  • 2 研究論文・史料(地域医療史研究の端緒としての中島家文書-『鍼灸施治姓名録』をもとに
  • 中島友玄の患者の診療圏について
  • 中島友玄と岡山県邑久郡における江戸末期から明治初期の種痘
  • 事業者としての友玄-製売薬から見た中島家の家業経営
  • 中島宗仙・友玄と一九世紀日本の漢蘭折衷医学 ほか)
  • 3 中島家蔵書目録
  • 4 中島家年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 備前岡山の在村医 中島家の歴史
著作者等 中島医家資料館
中島文書研究会
中島医家資料館中島文書研究会
書名ヨミ ビゼンオカヤマノザイソンイナカシマケノレキシ
出版元 思文閣出版
刊行年月 2015.11.21
ページ数 301,5p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7842-1826-4
NCID BB20096841
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想