野生めぐり

石倉敏明 文 ; 田附勝 写真

日本列島に潜む無数の"他者"の記憶を辿る。人類学者と写真家が旅した「現代の野生」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 獣と人(秩父・青梅-オオカミ信仰の山
  • 太地浦-クジラの寄り来る海
  • 北上大地-死者と舞うシシたちの踊り)
  • 第2章 生命の山(諏訪-ヘビが渦巻く大地
  • 富士山麓-命を受け継ぐ作法
  • 熊野-アニミズムと復活の思想)
  • 第3章 層を成す神話(鹿島灘-せめぎ合う陸と海
  • 日南地方-南洋の面影を追って
  • 秋田-藁の巨人、カシマサマ)
  • 第4章 魂の技術(北宮城・南岩手-カマガミという「家」の魂
  • 奥津軽-噴出する春の力
  • 三陸海岸-山と海をめぐる船の魂)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野生めぐり
著作者等 田附 勝
石倉 敏明
書名ヨミ ヤセイメグリ : レットウ シンワ ノ ゲンリュウ ニ フレル ジュウニ ノ タビ
書名別名 列島神話の源流に触れる12の旅

Yaseimeguri
出版元 淡交社
刊行年月 2015.11
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-473-04045-9
NCID BB20096160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22660172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想