自己語りと記憶の比較都市史

渡辺浩一, ヴァネッサ・ハーディング 編

自らを語る行為、そこから個と社会の関係性への認識を読み取る「エゴ・ドキュメント」研究。過去から未来のなかに存在を位置づけていく歴史叙述のあり方を社会形成の装置として位置づける「記憶」という視座。自己語りと記憶が幾重にも往復・交差する近世都市という「場」を、複合的な視角から比較し捉えかえすことから、人と社会との関係性を考えるための新たな歴史研究の扉をひらく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自己語りと記憶の比較都市史
  • 歴史・記憶・自叙伝-近世都市の東と西
  • 第1部 自己語り(巨大都市江戸における居住者と自己認識
  • フランスにおける都市民意識、都市体験、アイデンティティ-アンシャン・レジームから革命まで
  • 一八〜一九世紀のソウル知識人の自己と社会認識-朴斉家と沈魯崇の場合
  • 中国明清時代における個人の記録)
  • 第2部 記憶(近世日本地方都市の記憶にみる自己・家・社会集団
  • イングランド地方中核都市における自己の構築と都市民意識の構築-一六六〇年から一八〇〇年まで
  • 都市民的文脈における記憶・歴史・個人-近世ロンドンの場合
  • オスマン社会における都市の記憶と自己語り史料-一八世紀末〜一九世紀初頭のイスタンブルとサラエヴォ
  • 集合記憶の構築と自己-ヴェネツィアにおける近世の都市民意識の誕生)
  • 都市民の語りと記憶-個と社会のあり方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己語りと記憶の比較都市史
著作者等 Harding, Vanessa
渡辺 浩一
ハーディング ヴァネッサ
書名ヨミ ジコガタリ ト キオク ノ ヒカク トシシ
書名別名 Comparative Urban History of Ego-document and Memory
出版元 勉誠
刊行年月 2015.11
ページ数 263,2p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-22131-9
NCID BB20082177
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22677891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想