近代フランス農村世界の政治文化

工藤光一 著

国民統合が進展する一九世紀フランスで、地域に生きる人びとは「政治」とどう関わっていたのか。ナポレオン復活の「うわさ」にあらわれた集合的想像力、一八五一年蜂起における民衆意識、国民祭典におけるローカル/ナショナルのせめぎ合い-東部のオーブ県、南部のヴァール県に残された文書史料を読み解き、農民たち自身が「政治」を主体的に生き、自らのものとしていくさまを描く。社会史研究と文化史学が交錯する「政治文化論」の到達点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 噂と政治的想像界(一九世紀フランスにおける噂のダイナミクス
  • ルイ一八世治下のナポレオンに関する噂-シャンパーニュ地方オーブ県を中心に)
  • 第2部 蜂起と農村民衆の「政治」(バス=プロヴァンス地方ヴァール県における一八五一年蜂起の展開
  • 山岳派秘密結社と一八五一年蜂起の「組織性」
  • 一八五一年蜂起の意識形態)
  • 第3部 祝祭と「国民化」(第二帝政下の「国民祭」-シャンパーニュ地方の事例から
  • 一九世紀末第三共和政下の共和主義的祝祭)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代フランス農村世界の政治文化
著作者等 工藤 光一
書名ヨミ キンダイ フランス ノウソン セカイ ノ セイジ ブンカ : ウワサ ホウキ シュクサイ
書名別名 噂・蜂起・祝祭
シリーズ名 世界歴史選書
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.11
ページ数 259,31p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-026855-4
NCID BB20073380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22676624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想