国内避難民の国際的保護

墓田桂 著

シリア、イラク、アフリカ…世界的現象である難民の背後に、多くの国内避難民がいる。自国で難民状態となっている人たちに対し、国際社会はいかに安全と保護を提供できるか。この問題を包括的かつ体系的に整序し、国際的な対応を多角的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国内避難民問題とは
  • 第1章 国内避難民問題の概念化の過程
  • 第2章 保護の法的側面-国際場裡における規範形成の試み
  • 第3章 国連による組織的な対応の模索
  • 第4章 "恐怖からの自由"の保障-極限の状況下での保護の可能性と限界
  • 第5章 国内避難民/国内強制移動問題の諸相-政策課題の展開と問題認識の方法論
  • 終章 国内避難民問題が提起するもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国内避難民の国際的保護
著作者等 墓田 桂
書名ヨミ コクナイ ヒナンミン ノ コクサイテキ ホゴ : エッキョウ スル ジンドウ コウドウ ノ カノウセイ ト ゲンカイ
書名別名 越境する人道行動の可能性と限界
出版元 勁草書房
刊行年月 2015.11
ページ数 331p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-60286-5
NCID BB20072650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22675995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想