日本史の中の和歌浦

寺西貞弘 著

古代、万葉人はなぜ和歌浦にあこがれたのか。中世、和歌浦玉津島神社がなぜ京都に勧請されたのか。近世、天下人秀吉は、戦乱のさなかなぜ和歌浦を遊覧したのか。古代から近世までを見つめ直し、和歌浦の新たな歴史を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代史の中の和歌浦(古代の行幸と和歌浦
  • 古代の和歌浦行幸とその景観美
  • 吹上と和歌浦)
  • 2 中世史の中の和歌浦(寺社参詣と和歌浦
  • 新玉津神社と和歌浦
  • 飛鳥井雅永と和歌浦)
  • 3 近世史の中の和歌浦(天下人秀吉と和歌浦
  • 紀州東照宮と和歌浦
  • 六義園と和歌浦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本史の中の和歌浦
著作者等 寺西 貞弘
書名ヨミ ニホンシ ノ ナカ ノ ワカノウラ
シリーズ名 塙選書 121
出版元 塙書房
刊行年月 2015.11
ページ数 200p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8273-3121-9
NCID BB20067366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22676609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想