コネクトーム

セバスチャン・スン 著 ; 青木薫 訳

脳の全神経細胞のネットワーク地図を作成する-。わたしの心はなぜ他人と違うか、記憶はどう蓄えられるか、心の病はなぜ起こるか-。すべての答えはコネクトームの中にある。脳科学に革命を起こす試みの意義と方法を、第一人者が鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 脳は大きい方がいい?(天才と狂気の原因を探す
  • 脳の地図を作る)
  • 第2部 コネクショニズム(なぜニューロン同士はつながるか
  • ニューロンはどうつながっているか
  • 記憶はいかに貯蔵されるか)
  • 第3部 脳を決定づけるのは遺伝か環境か(脳はどのように育つか
  • 脳はどこまで変われるか)
  • 第4部 コネクトミクス(脳細胞を撮影する方法
  • 脳の配線をたどる
  • 脳を切り分ける
  • コネクトームから記憶を解読する
  • 複数のコネクトームを比較する
  • 脳を治す)
  • 第5部 人間の限界は超越できるか(保存した死体から復活?
  • シミュレーションとして生きる?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コネクトーム
著作者等 Seung, Sebastian
青木 薫
スン セバスチャン
書名ヨミ コネクトーム : ノウ ノ ハイセン ワ ドノヨウニ ワタシ オ ツクリダス ノカ
書名別名 Connectome

脳の配線はどのように「わたし」をつくり出すのか

Konekutomu
出版元 草思社
刊行年月 2015.11
ページ数 499p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7942-2165-0
NCID BB20058820
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22671007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想