ひとびとの精神史  第5巻

吉見 俊哉【編】

高度成長の陰で築かれた犠牲の構造-浸潤していく「日米体制」、抗いの声は現代を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 劇場化する社会(三島由紀夫-魂を失った未来への反乱
  • 山本義隆-自己否定を重ねて
  • 岡本太郎-塔にひきよせられるひとびと
  • 牛山純一-テレビに見た「夢」)
  • 2 沖縄-「戦後」のはじまり(仲宗根政善-方言研究に込めた平和への希求
  • マリー-米軍兵士と日本人の間で戦ったロックの女王
  • 比嘉康雄と東松照明-二人の写真家の"沖縄")
  • 3 声を上げたひとびと(田中美津-"とり乱しの弁証法"としてのウーマン・リブ
  • 川本輝夫-水俣病の"岩盤"を穿つ
  • 横塚晃一-障害者は主張する
  • 大地を守る会-紛争の経験を地域の実践へ
  • 木村守江-「原発村」の誕生と浜通り)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとびとの精神史
著作者等 吉見 俊哉
鈴木 邦男
書名ヨミ ヒトビト ノ セイシンシ
書名別名 万博と沖縄返還 : 1970年前後
巻冊次 第5巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.11
ページ数 331p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028805-7
NCID BB20030490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22664295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マリー 南衣映
一九七〇年前後 吉見俊哉
万博と沖縄返還 : 1970年前後 吉見俊哉
三島由紀夫 鈴木邦男
仲宗根政善 仲程昌徳
大地を守る会 藤田和芳
山本義隆 最首悟
岡本太郎 椹木野衣
川本輝夫 高峰武
木村守江 開沼博
横塚晃一 立岩真也
比嘉康雄と東松照明 仲里効
牛山純一 丹羽美之
田中美津 千田有紀
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想