現代社会と憲法学

佐々木弘通, 宍戸常寿 編著

「ヘイトスピーチ」「復興問題」「財政赤字」「立憲主義」、そして「安保法制」等々、現代社会における様々な問題を憲法的に考えた17の提言!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジャーナリズム
  • インターネット
  • 国民・住民の直接的意見表明
  • 教育制度の憲法論-2006年教育基本法の下での教育制度改革に関する考察
  • 現代「家族」の問題と憲法学
  • 雇用・社会保障
  • 周辺化された人々と人権
  • 刑事手続と「国民」
  • 政権交代と与野党の役割
  • 財政
  • 民主的実験としての地方分権-現代社会における統治機構の新たな展望
  • 裁判所と内閣の憲法解釈
  • 安全保障の岐路-負の遺産からの卒業課題を考える
  • 「仁義なき戦い」の憲法学-東アジアで考える
  • 国家・国民・外国人
  • 復興と憲法学-公私の再考
  • 日本の立憲主義と憲法第9条

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代社会と憲法学
著作者等 佐々木 弘通
宍戸 常寿
書名ヨミ ゲンダイ シャカイ ト ケンポウガク
書名別名 Gendai shakai to kenpogaku
出版元 弘文堂
刊行年月 2015.11
ページ数 304p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-335-35653-7
NCID BB20023655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22671602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想