新・犯罪論

荻上チキ, 浜井浩一 著

[目次]

  • 犯罪統計は誤解されている(犯罪統計の読み方
  • 警察統計は警察の通信簿 ほか)
  • エビデンスとグランドセオリーなき政策の弊害(体感治安の意味
  • 「割れ窓理論」の限界 ほか)
  • 厳罰化しない犯罪対策の行方(「縦割り」刑事司法の弊害
  • コストをかけるべきは刑務所よりも福祉 ほか)
  • 日本の罪と罰をめぐって何をどう変えるか(メディアをどう変えるか
  • 司法の実務家をどう変えるか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・犯罪論
著作者等 浜井 浩一
荻上 チキ
書名ヨミ シン ハンザイロン : ハンザイ ゲンショウ シャカイ デ コレカラ スベキ コト
書名別名 A NEW UNDERSTANDING OF CRIME

A NEW UNDERSTANDING OF CRIME : 「犯罪減少社会」でこれからすべきこと

Shin hanzairon
出版元 現代人文社 : 大学図書
刊行年月 2015.10
ページ数 178p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87798-617-9
NCID BB20023043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22671009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想